FXを扱う海外の業者とは|投資は初心者でもバッチリです|心配御無用の投資術を伝授

投資は初心者でもバッチリです|心配御無用の投資術を伝授

FXを扱う海外の業者とは

マネー

日本と海外のFXの違い

10万円という少ない証拠金で始めることができるので、FXはとても人気の高い外国為替取引になっています。規制が無い頃は高レバレッジでの取引が可能でしたが、現在では規制によって最大25倍までしか認められていません。FXを初めてやる人は知識が少ないので、低レバレッジの取引から始めることで知識を付け、徐々に扱う金額をあげていくことが大事です。しかし、デイトレードやスキャンピングを行っているFX経験の豊富な人は、高レートと高レバレッジで利益を上げなければなりません。そのようなときに利用されるのが海外FX業者を利用したFXなのです。海外FX業者にはレバレッジの規制が無いので、1000倍を超えるレバレッジで取引ができ、世界中の人たちが利用しています。また、日本のFX業者よりも低い証拠金で始めることができたり、証拠金のボーナスサービスがあったりとメリットがとても多いのです。

NDD方式のメリット

日本のFX業者で低スプレッドの会社が多くなっているのは、相対取引を行うことでインターバンク市場からレートをもらっていないからです。これは、業者が投資家と相対することで、投資家がマイナスになれば業者に利益が出るようになっているのです。一方で、投資家とインターバンクが直結しているNDD方式では、業者が仲介する役割を担っており、投資家が儲ければ業者にも利益が出ます。利用者にとってメリットが多いように見えるNDD方式ですが、日本では利益が薄いということで、この方式の業者が少ないという現状があるのです。そこで日本の投資家たちが利用したいのは、ほとんどの業者がNDD方式を採用している海外FX業者なのです。海外FX業者は薄い利益をカバーするために、多くの投資家に取引量を増やしてもらって利益を上げさせています。簡単に言えば、薄利多売によって投資家を儲けさせてくれるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加